やっと今年初の公式な休み。
といっても事務作業を片付けてだから昼過ぎから。

何故か気になって長沢方向へ


え!ホントに閉店?


モノがなくなってる! 仏像とかも殆どない。


こんなのもあるけど、売約済みになってる!!
値段を交渉してみると大抵のものは9割引から9割3分引きくらいまでになる感じ。
これなんかはきっと70万円から50万円じゃないかな?

商品が少なくなっているとはいえ、まだまだよさそうなものは多い。

個人的にはテーブルが欲しい気がするが、忠実屋マジックか?
それほど高尚な生活してないし・・・。

この忠実屋、閉店セールをするまでどれくらいの在庫があったのかな?
直感的には5億から10億円?
回転率のめちゃくちゃ悪い商品だったと思うけど、こんなのバフル期業態の生き残りみたいなもの。景気がいいと売り上げが上がり、その売上をドンドン仕入れに回してさらに高いおかしなものを仕入れる。
永遠に続くと思われたバブルが行き成り終わり、しょうがないので閉店セールを繰り返しながら在庫をさばいてきたってとこか。
下手したら全くキャッシュに替わってない?

景気の良い時期に在庫が膨らんだこの忠実屋は防府最大のカオスショップに成長、そしてこの度の消滅という流れ。

安いものを扱うお店であふれた今の日本において、高額商品を扱う数少ないお店がなくなるの事に、地域としての財産がなくなるという寂しさを感じる。


しかし叩き売って7~8千万円くらいになったのかな?まあ、無借金ってことはないでしょうけど。








おいおい!


前回12月10日の忠実屋関連エントリー


blogram投票ボタン

All rights reserved (C) セレクトショップCREVASSECASTLE 2010