タスク管理やってますよ!そしてこれは凄いという予想が確信に変わりつつあります。

Share

以前の記事
クラウド時代のタスク管理の技術 (2012/01/13)

以前は一日の終わりに「今日は雑務が忙し過ぎて何も出来てない!」と思うことがしばしばでしたが、そんな思いはなくなりました。
何故そう思っていたのか?恐らく結構仕事をこなしていたと思うのですが、予定に無い仕事がドンドン差しまれて(見積りとか青年部事など)きて元々やろうと思っていた仕事が出来なかった為です。
これはtoodeledoにより出来る時間にやるように割り振った為、もしくは先々に予定として割り振った為全くなくなりました。

自分の物事をこなす上での適切な能率の良い時間帯がわかるようになりました。
何かをするときの能率の良い時間があります。
・頭がさえている時間にやるべき仕事。
・頭が回らなくなった時でも出来る仕事。
これらを処理する時間を予め設定&実行出来るという事は本当に凄い。

生活が規則正しくなりました。
今までは忙しいと食事を取らない、もしくは遅く取るという事をしっかり認識していない状態でおこなっていました。(苦しい状態に自分を置くことで、頑張っている自分を演出するんでしょうね)これはよくないです。
一日の組み立ての中心に食べる寝るなど、生活があります。これらの時間をまずしっかりとってそれから仕事&やりたい事です。
師;佐々木正悟の書いている通りに、僕も食事の時間、トイレの時間などをタスクに入れています。これによりとっても規則ただしい生活が出来るようになりました。

短時間に行うことが出来るようになりました。
例えば英語の勉強や柔軟体操、仕事のこまごまとしたチェック。これらはやろう!という相当強い意気込みが無いと毎日続けることが困難だったのですが、意気込みなしに淡々としかも確実にこなせるようになりました。

未来予想が明確に出来る。
明日や一週間後の予定がよく見えるようになりました。


こちらは現在の”My toodeledo”です。
これによると今日のこなすべきタスクは42個。
仕事の終了時間は 6:40。
4時から6時の2時間内に2.32時間の予定
6時から8時の2時間内に2.28時間の予定
8時から10時の2時間内に2.33時間の予定
が、それぞれ入っていてこの時間が一番忙しい時間帯になります。早く起きなきゃって気持ちになりますね・・・。

今後はお店やプリントの作業管理に活用していこうと思っています。


シゴタノやってます。以下は気付きなど

シゴタノ! Toodledoの使い方
http://cyblog.jp/modules/weblogs/category/toodledohowtodo

【Toodledoの使い方 第1回 Toodledoのなにがいいのか?】
【Toodledoの使い方 第2回 Toodledoでできること】


「コンテクスト」つまり、「どこで」「誰が」やるといった情報


私の場合は以下の設定項目をタスクに付けています。

Folder:タスクを分類するための入れ物。GTDでいうところのプロジェクト。
Context:そのタスクが必要となる状況。時間帯や場所、状況などを設定。
Goal:そのタスクがどういった「目標」に括りつくのかを設定する(Pro会員限定機能)
Star Date:そのタスクに着手する日時を設定。
Due Date:そのタスクの締め切り日を設定。
Repeat:繰り返し項目の設定
Length:見積もり時間
Tag:そのタスクを説明するキーワードを設定。
 

【Toodledoの使い方 第3回 Toodledoはデータベース】

人がリストを作り、ついにはデータベースシステムを構築し始める理由は単純です。数が多くなりすぎるからです。
タスクもまったく同じなのです。やることを頭で覚えておけるなら、リストなど不要です。しかし仕事でやることが増えてくると、少なくともやることリストが必要になります。これがToDoリストです。
そしてタスクの数が200を超えるようになれば、ToDoリストでは扱いにくくなります。そこでToodledoが必要になるというわけです。

私はタスクの中で開始時刻の決まっているもの、すなわち「予定」にだけ★をつけています。

【Toodledoの使い方 第4回 必要な時に必要な分だけ取り出せる】

タスクというデータが持っている属性情報

・タスクの重要性
・タスクがなんのプロジェクトに属しているか
・タスクはどのコンテクストで処理されるとよいか
・タスクの開始日
・タスクの締切日
・タスクにかかりそうな時間
・タスクはリピートするか

私はタスクの中で開始時刻の決まっているもの、すなわち「予定」にだけ★をつけています。
 

【Toodledoの使い方 第5回 表のカスタマイズについて】

Timerは下図の様に時間をリアルタイムに計測することもできますし、手入力で実績時間を登録することも可能です。私は時間計測はTaskPortという別ツールで行っているので、ToodledoのTimerは使用していません。

Row Styleではタスクを締切や重要度に応じて色づけを行う設定や、完了タスクの表示を薄字か打ち消し線かの設定を行う事が出来ます。

【Toodledoの使い方 第6回 デジタルならではの入力方式をフル活用する】
【Toodledoの使い方 第7回 タスクをFolderとContextで立体的に管理する】

Folder・Contxt共にOrganizeから設定可能です。

 



Share




All rights reserved (C) セレクトショップCREVASSECASTLE 2011